交通事故被害者の方が
一日も早く元通りの生活を取り戻せますように。

これから示談交渉する方へ

これから示談交渉するにあたって、次のような不安はありませんか?

  • どのようなことに注意をするべきか
  • 交通事故の慰謝料に相場はあるのか
  • 保険会社が提示してくる慰謝料は妥当なのか

このように思われる方々も多いと思いますので、まずはじめに「交通事故の慰謝料の金額に相場はあるのか」、「保険会社が被害者に対して提示してくる慰謝料は本当に妥当なものなのか」 というテーマについて書きたいと思います。

示談交渉は簡単!?

交通事故の示談交渉は「大変だ」、「精神的に疲れる」などということを時々耳にすることがあります。

その理由は、交渉事は苦手という方が思いのほか多いのと、保険会社が間に入らない事故では、加害者と直接示談交渉をしなければならないので、どうしても感情的になってしまうからだと思います。

逆に保険会社が間に入っている事故は保険会社が提示してきた内容通りで問題なければ、示談交渉はあっけない程簡単に終わります。

しかし、ここで注意したいのは、保険会社が提示してきた内容、つまり慰謝料が本当に妥当な金額なのかどうかということです。

交通事故の慰謝料に相場ようなものはあるのでしょうか?

このような質問の答えには少し頭を悩ませます。というのは、慰謝料の相場ともいえる慰謝料を計算する際の基準があるにはあるのですが、その基準が計算する立場によって違い、慰謝料の金額に大きな差がでるので相場といえるものが幅広く、はっきりしているとは言えないからです。

もう少し詳しく言うと、一つは保険会社が慰謝料計算の際に使う基準、つまり、慰謝料を支払う方の基準であり、もう一つは過去に行われた裁判での判決をまとめて類型化した基準、つまり、請求する方の基準です。

kijyun

もちろん、支払う方である保険会社の基準が裁判での基準と比較して低く設定されていることは言うまでもありません。この二つの基準があることが慰謝料の相場を分かりづらくしている原因の一つだと思います。

また、慰謝料は事故の状況や被害者の怪我の状態、治療経過、職業や収入などを考慮して計算されますので、基準に当てはめるにしても少し大変です。

まったく同じ条件の交通事故はありえないので、それぞれの事故状況や一人一人の事情を考える必要があります。

このようなことから、保険会社が提示する慰謝料が本当に妥当であるのかどうかということがわかりづらいため、保険会社に不信感を抱く人も少なくありません。

保険会社の提示する慰謝料は本当に少ないのでしょうか?

最近の保険金の不払い問題や示談交渉のマニュアル本などを読むと、保険会社は被害者を上手くまるめ込んでいる印象を持つかもしれませんが、これは必ずしもそうではありません。

事故の状況や怪我の程度から考えると保険会社の提示している金額が妥当である場合も少なくはないのです。このような場合でむやみに慰謝料の増額を希望しても受け入れられず、時間と手間が無駄になり、再度不愉快な思いをすることになりかねません。

point

交通事故の被害者はすでに不愉快な思いをしています。起きてしまったことはどうにもなりませんが、その後にどう行動するかを決めておくだけで、再度不愉快な思いをせずに済むのではないでしょうか。

スムーズな示談交渉のために、このサイトを活用していただければ、運営者として、大変うれしく思います。

このページの先頭へ